塩糸

140字じゃ足りない愛を叫ぶ

8月8日を考える。

こんにちは、塩糸です。

 

タイトルにもあるように、

今回は彼らのデビューについて考えたことを書きます。

 

 

それは、これまで色んな方から意見を聞かれて、

それでもずっとずっと黙ってきたことです。

 

 

 

 

「いつもツイート楽しみにしてます!」

 

 

そう言ってくださるフォロワーさんの中には、

他のグループのファンの方も沢山いらっしゃったから。

 

 

 

 

でも、今回あえてそれを言うことにします。

 

 

 

 

大手垢の中の人でも何でもない"とある1人のスト担"が、

 

あの時何を思って、今どんな気持ちで彼らを見ているか。

 

あのデビューの形にどんな意味を見出しているか。

 

私なりの結論が出たので。

 

 

 

 

 

少しだけ、お付き合いください。

 

 

 

 

2019年5月1日。

 

 

あの日、残念ながらチケットが全滅だった私は、友人と一緒に自宅で大阪城ホールでのライブ配信を見ていました。

 

 

f:id:shigehokushinja:20200213165048j:image

 

ISLAND TVが始まって以来初めての「後半配信」。

 

しかも今日はSixTONESの「結成日」。

 

日本中がその話題でもちきりとなった「令和初日」。

 

そしてそんな大切な日にテレビジョンとテレビガイドの2誌で異例の合計12パターン「表紙ジャック」。

 

 

 

 

 

ずっとずっと悔しい想いをしてきたSixTONESも、YouTubeが始まったことで今までにない勢いをつけていたあの時。

 

 

 

 

 

新たな時代の幕開けに、淡いどころではない期待を寄せていました。

 

 

 

 

「重大発表があります」

 

 

 

でもその時彼らの口から伝えられたのはデビューではなく、モンストCMの決定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもまだ、まだもう1つ大きいのがあるんでしょ?

 

また後で言うのかな?

 

 

 

 

 

呑気にそんなことすら思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの表情を見るまでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shigehokushinja:20200213152241j:image

 

いつも元気いっぱいに手を振ってくれる慎ちゃんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:shigehokushinja:20200213152244j:image

 

いつだってニコニコ笑顔のこーちが

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:shigehokushinja:20200213152235j:image

 

いつもならこんな場面で多くを語らないジェシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:shigehokushinja:20200213152247j:image

 

いつも「また会おうね!」って言ってくれるきょもが

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:shigehokushinja:20200213152250j:image

 

いつだってマイクを口元から離さない樹くんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:shigehokushinja:20200213152238j:image

 

いつもなら会場を目に焼きつけるかのように真っ直ぐ前を向いている北斗くんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「またね」と言わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shigehokushinja:20200213152733j:image

 

彼らの後ろ姿を見て、

色んなことを悟ってしまった人は少なくなかったはずです。

 

 

 

 

 

 

 

後輩がデビューしても、

 

同期が突然退所しても、

 

 

ずっと自分たちらしさを貫いてきたSixTONESの、

 

 

 

「らしくない」表情。

 

 

 

 

 

 

 

 

「何かあったのかもしれない」

 

 

 

 

 

 

 

 

皆んな、この表現を使いました。

 

 

 

 

 

 

誰しも頭をよぎったに違いない最悪のケースを、

誰も言葉にしませんでしたね。

 

 

 

 

 

 

私も、怖かった。

 

 

 

 

 

 

ある日突然、大好きな人たちの姿を一生見られなくなる日が来るかも知れない。

 

 

 

 

 

 

それはジャニーズJrを応援する人全員に平等な残酷です。

 

 

 

 

 

 

Jr内でダントツ人気を誇り、強靭なファンダムと抜群の実力を具えた人ですら、その残酷の前には必ず平等。

 

 

 

 

 

何よりファンは、そうやってこれまで姿を消していった人たちを沢山知っています。

 

 

 

 

 

 

 

だからこそよぎった、彼らに「また」はないのかも知れないという恐怖。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も何も言いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからの夏は、今思えば「こわいこと」だらけだったように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

わざわざあの場で発表されたモンストCMはいつまで経っても詳細が出ないし、

 

 

 

 

毎年Jrの人気グループが参加する夏の風物詩、SummerParadiseにはSixTONES「だけが」不参加だし、

 

 

 

 

きょもはエリザベートを「1人だけ」早く離脱するし、

 

 

 

 

 

かと言ってSixTONESだけのコンサートがあるわけでもない。

 

 

 

 

 

本人たちも、後輩のライブを見に行っては「暇なんよ」と発言。

 

 

 

 

 

 

 

 

「デビューにこだわるつもりはない」と、あらゆる雑誌で発言するようになったのもこの時期だったと思います。

 

 

 

 

 

 

本当に、本当に怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれでも相変わらず再生回数にこだわり、粘り強くリクエストや葉書を送り続けるスト担さんに、外野から心無い言葉が沢山飛んできましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁそれは今もだけど。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、そんな漠然とした不安の中、大好きなSixTONESが6人揃っている姿が見たくて、

 

 

「また会おうね」って言ってほしくて、皆んなで必死に粘りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして8月8日。

 

 

 

f:id:shigehokushinja:20200420223024j:image

 

 

 

 

 

 

初めて見る6人のあの表情。

 

 

 

 

 

 

 

慎ちゃんが右の方をチラッと見てから拳を上げて、

 

それにつられて左の5人がそれぞれガッツポーズをするあの姿。

 

 

 

デビューが決まった安心感はあったけど、

 

それでも私にはあれが「嬉しさを胸に秘めた覚悟を決めた表情」には見えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shigehokushinja:20200213160829j:image

 

 

 

誰も悪くない。

 

そう言い聞かせては見たものの、話せば話すほど出てくる矛盾や不自然には到底抗えませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんなの、勝負でもなんでもない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそんななか、戦う気持ちなんて起こりそうもなかった私に火をつけたのは、奇しくもこんな記事でした。

 

 

 

 

 

 

f:id:shigehokushinja:20200213161651j:image

 

 

 

 

SixTONES最高!」

 

「ライブに遊びに来て!」

 

 

 

 

 

 

5月1日、あの時「またね」と言ってくれなかったSixTONESが、

 

 

 

 

 

会いに来てねと言ってくれている。

 

 

 

 

 

売れたいでも勝ちたいでもなく、変わらない背中を見せてくれている。

 

 

 

 

 

 

 

笑ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんなの、勝負でもなんでもない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かと並べることすら出来ない高くて明るい場所に、絶対に彼らを連れていかなければ。

 

 

 

 

 

今のこの悔しい気持ちは、その時までの動力に使って燃やしてしまえばいいじゃないか。

 

 

 

 

f:id:shigehokushinja:20200213163217j:image

 

 

 

 

 

 

ずっとずっと夢見てきた、この笑顔に会いに行かなくちゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから私は、これからも自分に出来ることをして行きたい。

 

 

 

 

 

それはお金をたくさん使うということに限らず、沢山あると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分にできる範囲で、最大限楽しく応援すること。

 

 

 

ライブではマナーを必ず守ること。

 

 

 

語彙力の限り、彼らの魅力を発信すること。

 

 

 

楽しいことには周りの人たちを巻き込むこと。

 

 

 

6人の言葉を信じ続けること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと頑張ってくれた6人に、

ありがとうを伝え続けること。

 

 

 

 

 

 

 

それくらいしか出来ないけど、

それくらいは続けさせてね。

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

 

読んでくださりありがとうございました。